安全な作業のための防護服、マスク、ゴーグル、手袋、長靴等安全保護具の専門サイトです。日本全国に迅速発送いたします。

  1. ホーム
  2. 石綿(アスベスト)対策防護具

石綿(アスベスト)対策防護具

石綿(アスベスト)作業に使用する保護具の選定基準

除去対象製品 除去工法 呼吸用保護具の種類 保護服
区分1 区分2 区分3 区分4 ソフトウェアV型 ソフトウェアU型・デュポンプロシールド10



吹付け材
  • 吹付け石綿
  • 石綿含有吹付けロックウール
  • 石綿含有吹付けバーミキュライト
  • 石綿含有吹付けバーライト
掻き落とし、破砕
推奨保護具
     
 
切断、穿孔、研磨
推奨保護具
     
 
封じ込め
推奨保護具
   
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなうもの)
推奨保護具
   
 
グローブバック
推奨保護具
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなわないもの)
推奨保護具
 



耐火被覆材
  • 石綿耐火被覆板
  • 石綿含有けい酸カルシウム板2種
  • 石綿含有耐火被覆塗り材
耐火被覆板除去作業では区分1使用が望ましい
破砕・切断・穿孔・研磨等の作業をともなう場合
推奨保護具
   
 
グローブバック
推奨保護具
 
封じ込め
推奨保護具
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなうもの)
推奨保護具
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなわないもの)
推奨保護具
断熱材
  • 屋根用折版石綿断熱材
切断・穿孔・研磨等の作業をともなう場合
推奨保護具
   
 
封じ込め
推奨保護具
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなうもの)
推奨保護具
 
囲い込み(破砕・切断・穿孔・研磨をともなわないもの)
推奨保護具
特殊工法(審査証明取得工法)
推奨保護具
 
  • 煙突石綿断熱材
切断・穿孔・研磨等の作業をともなう場合
推奨保護具
   
 
特殊工法(審査証明取得工法)/隔離作業場内の作業
推奨保護具
   
 
特殊工法(審査証明取得工法)/その他の作業
推奨保護具
 
保温材
  • 石綿保温材
  • けいそう土保温材
  • バーライト保温材
  • けい酸カルシウム保温材
  • 水練保温材
切断・穿孔・研磨等の作業をともなう場合
推奨保護具
   
 
グロ−ブバック
推奨保護具
 
切断等を伴わず原形のまま取り外し
推奨保護具
 
石綿取扱作業以外(非石綿部での切断)
推奨保護具
 



成形板
  • 石綿含有スレート
  • 石綿含有サイディング
  • 石綿含有岩綿吸音材
  • 石綿含有ビニル床タイル
切断・穿孔・研磨等の作業をともなう場合
推奨保護具
 
切断等を伴わず原形のまま取り外し
推奨保護具


  • 準備作業
  • 足場、隔離養生作業    推奨保護具
  • 片付け、清掃作業

石綿は、1970年から、1990年にかけて大量に輸入され、多くは建材として、建築物に使用されてきました。今後これらの建築物の老朽化による解体工事の増加にともない、それに従事する労働者の石綿ばく露による健康障害が懸念されています。
石綿含有製品のうち建材、摩擦材および接着剤については、すでに製造、使用禁止となっていますが、さらに関係労働者の健康障害防止対策の充実を図るため、「石綿障害予防規則」が平成17年7月1日より施行されました。その後、さらなる石綿ばく露防止対策の充実を図るため一部改正され平成21年4月1日より施行されました。

石綿を含む建築物の解体・改修工事等の作業に労働者を就かせるにあたっては、石綿の有害性、作業の方法、石綿等の粉じんの発散を抑制するための措置、保護具の使用方法等についての特別の教育をおこなうことが事業者に義務付けられています。

呼吸用保護具区分

区分

呼吸用保護具の種類

自給式呼吸器
  • 空気呼吸器
  • 圧縮酸素形循環式呼吸器
送気マスク
  • プレッシャデマンド形(複合式)エアラインマスク
  • 一定流量形エアラインマスク
  • 送風機形ホースマスク
電動ファン付き呼吸保護具(面体形及びフード形)
全面形取替え式防じんマスク(粒子捕集効率99.9%以上)RL3、RS3国家検定合格品
半面形取替え式防じんマスク(粒子捕集効率99.9%以上)RL3、RS3国家検定合格品
取替え式防じんマスク(粒子捕集効率95%以上)RL2、RS2国家検定合格品

 

防護服.COMホーム