安全な作業のための防護服、マスク、ゴーグル、手袋、長靴等安全保護具の専門サイトです。日本全国に迅速発送いたします。

  1. ホーム
  2. 防毒マスク
  3. GM161全面型防毒マスク(ガス濃度2.0%以下)

GM161全面型防毒マスク(ガス濃度2.0%以下)


写真は、有機ガス用吸収缶がついた状態ですが、吸収缶別売りとなっていますので別途ご注文ください。
GM161全面型防毒マスク(ガス濃度2.0%以下)
商品コード GM161
単価 27,658円(税込)
サイズ フリー
数量
(半角数字)

ガス濃度2.0%以下(アンモニアは3.0%以下)

GM161

国家検定第TN204号

特  長

広い視界のCS面体
密着性抜群のツイン・ダブルクッション面体
肌にやさしく、耐熱性、耐寒性が極めてすぐれたシリコーン面体使用
伝声器を内蔵していますので、マスクを装着したままで明瞭な会話ができます。
アイピースは、表面硬化処理品です。傷がつきにくくた耐薬品性にもすぐれています。
アイピースは、フッ化水素酸に接触すると、表面が白濁します。フッ化水素酸が存在する場所では、使用しないでください。

性能

項目 社内基準値 平均値
吸気抵抗 50Pa以下 26Pa
排気抵抗 80Pa以下 43Pa
排気弁の作動気密 15秒以上 99秒以上
二酸化炭素濃度上昇値 1.0%以下 0.5%
重量 770g 748g

この防毒マスクを使用できる作業環境

1.酸素濃度18%以上の環境

2.環境空気中の有毒ガス等の平均濃度が下表のいずれも超えないこと。


濃度の上限
A 2.0% 曝露限界の100倍まで
B 2.0% 曝露限界の300倍まで
B:1日の使用時間が30分未満の場合

曝露限界

日本産業衛生学会の勧告する許容濃度値を適用します。ただし、許容濃度がさだめられていない有毒ガス等にあっては、ACGIH(米国産業衛生監督官会議)の勧告するTLV-TWA(時間荷重平均限界値)を適用します。

TLV-TWA(時間荷重平均限界値)

1日8時間、1週40時間の平常作業で有害物質に繰り返し曝露されたとしても、ほとんどすべての作業者に健康障害をまねくことがないと考えられる気中濃度の時間荷重平均限界値を示す。

3.常温、常湿および常圧の環境


種類および物質の名称 曝露限界 適応吸収缶
アクリロニトリル 2ppm 有機ガス用
亜硫酸ガス(二酸化硫黄) 2ppm 亜硫酸ガス用
アンモニア 25ppm アンモニア用
塩化水素 2ppm 酸性ガス用
塩素 0.5ppm ハロゲン用
クロロピクリン 0.1ppm 有機ガス用
弗化水素 3ppm 酸性ガス用*
アセトン 200ppm 有機ガス用*
硫化水素 10ppm 硫化水素用
四アルキル鉛 0.1ppm 有機ガス用
シクロヘキサン 100ppm 有機ガス用
青酸(シアン化水素) 4.7ppm 青酸用
ベンゼン 0.5ppm 有機ガス用*
トリクロルエチレン 50ppm 有機ガス用
トルエン 50ppm 有機ガス用
二硫化炭素 10ppm 有機ガス用*
n-ヘキサン 50ppm 有機ガス用
メチルエチルケトン 200ppm 有機ガス用

吸収缶の交換の目安

1.使用時間を正確に記録し、あらかじめ設定した時間に達する前に廃棄する。

現場のガス濃度(平均値)を測定し、破過曲線図から破過時間を求めた後、十分安全を考慮して使用時間を定め、その時間に達する前に交換します。
もっとも沸点の低いガスを基準として、使用時間を定めておけば安全性はさらに高まります。

2.湿気または有毒物質の吸収による、吸収缶の質量増加を量って目安とする。(吸湿しても能力が減退しない吸収缶を除く)

吸収缶は、有毒ガスを吸収することによって、質量が増加しますので、この増量を吸収缶交換の目安とすることができます。
ただし、吸収缶の質量増加は、環境の湿度、ガスの種類、濃度などによっても異なります。
この方法を採用するには、作業環境のガス濃度、湿度など比較的安定している必要があります。
吸収缶の質量増加と吸収缶の交換期間の判定は、使用する吸収缶の種類、ガスの種類、湿度等の調査の上、お問い合わせください。

3.作業環境のガス濃度および使用可能時間から推測して、能力的に十分余裕のある吸収缶を使用し、しかも一回使用したら廃棄する。


一酸化炭素用、一酸化炭素、有機ガス用および青酸ガス用吸収缶は必ずこの方法で用いてください。
 この方法は、経済的とはいえませんが、もっとも安全な方法であるため、保管の管理が簡単になるばかりでなく、使用頻度の少ないユーザー様に用いられている方法です。

4.使用中に臭気、刺激、味覚を感じたときを限度とする。

管理濃度より低い濃度で臭気を感じる有機ガスなどに対しては、臭気によって吸収缶の交換時期を判定することができます。
 ただし、嗅覚は個人差があり、透過は徐々に増加しますので、人間の嗅覚が麻痺しやすいことを考慮すると、この方法だけに頼るのは危険です。

5.吸気抵抗が上昇し、息苦しくなったら廃棄する。

防じん機能つきの吸収缶の場合、煙、ヒューム、粉じんなどを捕集すると目詰まりによって息苦しく感じることがあります。

カートを見る

防護服.COM